主要設備紹介 - その他の設備機器:豊和株式会社

主要設備紹介

その他の設備機器

DWと玉野工場・搬送システム(玉野)

DWと玉野工場・搬送システム DWと玉野工場・搬送システム

ストーンウォッシュ用に自社で開発した水洗機DWへの製品および石の投入は、自動で行われます。その後、石のふるい落とし〜二次水洗〜脱水〜乾燥機への投入〜乾燥機から搬出までをコンベアによる自動搬送で行うことができ、人為的作業を極限まで減らすことが可能になりました。

レーザー(本社)

レーザー

レーザー光線の出力を自在に調整することにより、ほとんどの生地に対応し、ヒゲ・ブラスト風・イラスト・ロゴの他に、ハードなクラッシュ加工やグラデーションもでき、様々なご要望に対応することが可能です。 手作業と違い品質の安定性・生産性にも高いレベルでお応えすることができます。写真やイラスト等もデジタル化されたデータを取り扱い、フォトショップによる画像編集により形・グラデーションの細部にいたるまでの表現が可能です。

シェービングロボット

シェービングロボット シェービングロボット

三菱電機の高速・高精度の垂直多関節型6軸ロボットを使用しています。高速であると同時に品質の安定度も高く、先端に取りつけたブラシは人間の手の動きを忠実に再現します。24時間連続稼動もOKですから優れた生産性を誇ります。

オゾン脱色装置(玉野)

オゾン脱色装置

塩素フリー脱色技術と加工時の排水量の低減を目的とした、オゾンガスによる脱色技術です。 大気中の酸素からオゾンを生成し、その強力な酸化作用により染料を分解・脱色するという大変エコロジーな脱色方法です。更に役目を終えたオゾンは分解し、酸素に還っていきます。 そのため有害な脱色剤の残留・排出0で加工を行うことができます。

超臨界二酸化炭素装置(小川)

超臨界二酸化炭素装置

超臨界流体に染料、機能剤などを溶解させ、高分子成型体へ含浸ができる他、天然物より有効成分あるいは不純物の抽出、有機合成の反応溶媒としても利用することができます。 弊社は小型の試験機から内容積が400Lの大型生産機を保有しており、これらの装置は扉の開閉がワンタッチででき、さらに二酸化炭素の回収、再利用ができる環境に優しいプロセスとなっています。

高圧染色装置(本社)

高圧染色装置

草木から採取した天然染料は、繊維に定着しにくく、従来の染色法では、何度も染色を繰り返さないと染料が定着しませんでした。 自社開発したこの高圧染色装置を使用することにより1度の染色でより多くの染料を繊維に浸透・定着させることができます。(特許申請中) また、ポリエステルに代表される合成繊維の染色も可能です。

試験室(本社)

試験室

ここでは、加工で使用される染料、助剤、樹脂といった薬剤の性能を試験し、優秀なものについては加工現場に反映させます。 また、品質を高めるために加工後の堅牢度試験(品質検査)を行います。